まつ毛美容液ルミガンの正規品通販、知っておきたい口コミまとめ

まつ毛美容液ルミガンの正規品通販、知っておきたい口コミまとめ

まつ毛美容液ルミガンは、まつ毛が短いと感じている人に人気の商品です。

 

自分のまつ毛の量が足りないと悩んでいるときや、もっとまつ毛を太くしたいと思っている人にも評判の美容液です。
ルミガンにはどのような特徴があるのか調査してみました。

 

ルミガンの効果とメカニズムを徹底解剖

 

ルミガンにはどのような効果があるでしょうか?
このルミガンにはまつ毛を健康な状態にしたり、毛を伸ばしたりする効果が期待できると考えられています。
もともと、この美容液は美容のために開発されたわけではありません。
緑内障を治療するための医薬品として使われていました。
しかし、緑内障のために使っていたルミガンによって、まつ毛が伸びるという報告が多数あったのです。
いわば緑内障治療の副作用として、まつ毛が伸びることが観察されました。
そこで、まつ毛が薄くて悩んでいる人がルミガンを使えば、症状が改善されるのではないかと言われ注目されたのです。
今ではまつ毛のための育毛剤として、ルミガンが世界的に使われるようになってきています。
海外の臨床試験では、ルミガンを使った人の8割以上が効果を実感しました。

 

ルミガンの育毛メカニズム

 

ルミガンの主な成分はビマトプロストです。
ビマトプロストは眼圧を下げる作用があるために、緑内障や高眼圧症の治療に使われてきました。
しかし、ビマトプロストによって、まつ毛の量が増えたり毛が太くなったりすることが観察されるようになっています。
ルミガンの主要成分がまつ毛に付着すると、毛の状態を整え健康なまつげが育つように促してくれるのです。
まつ毛が健康な状態になることにより、毛は抜けにくくなり毛の量が自ずと増えていきますし、一本ずつが太くなっていきます。
毛の生え替わるリズムに合わせて徐々に毛を長くしていきます。
目の周りの血管を広げる作用によって毛包を刺激し、太いまつ毛を育てるよう働きかけます。
メラニン色素を利用して毛の色を濃くし、まつ毛が濃くなったように見せる効果も期待出来るとされています。

 

ルミガン使用前の注意と副作用について

 

ルミガンを使う前の注意点についてご紹介していきます。

 

★一日の量を守る
★指定期間内に使い切る

 

基本的にルミガンを付ける量は一日一滴です。
一日に一回だけ点眼するようになっています。
ルミガンを一度開封したなら、指定されている期間内に使い切るようにして下さい。
開封したら通常は一ヶ月以内に使い切る必要があります。
もしまだ残っていても一ヶ月を過ぎたら使わない方が安全です。
ルミガンをまつ毛に付けるときには眼に入らないように、またまつ毛の周りの皮膚に付かないように気を付けましょう。
緑内障の治療薬なので目に入っても良いのですが、緑内障の症状がないのに点眼することで副作用が表われることがあります。
まつ毛の育毛のために使う際は、まつ毛だけに液が付くようにしなければなりません。
周りの皮膚に付いてしまったときには、すぐに拭き取るようにします。
効果には個人差があることも覚えておかなくてはいけません。
すぐに効果が出るわけでもないので気を付けてください。
平均的に2ヶ月から3ヶ月ほどの時間がかかります。
毛の生え替わりには時間がかかるため、効果が出ても使い続ける必要があります。
もし途中で使用をやめてしまうと成果が持続しません。
元の薄いまつげに簡単に戻ってしまうため、効果を感じても数ヶ月間は使い続けるようにしていきたいですね。

 

ルミガンの副作用とは

 

ルミガンの副作用は目が充血したり痒くなったりすることです。
使った人が全てこれらの副作用が出るわけではないので安心して下さい。
目の中に入ったときに眼球の色が少し変化することや、皮膚について色がシミとして残ったりすることがあります。
使うときには、まつ毛だけに液が付くように注意します。
海外で数例報告された副作用は、まぶたが痩せて皮膚のしわが深くなることです。
ドライアイになりやすくなったという報告もありますが、副作用の現れ方には個人差があることを覚えておきましょう。
これらの副作用があるため、妊娠している方や授乳中の母親はルミガンを使わない方が良いです。

 

ルミガンの正しい使い方

 

ルミガンを正しく使うにはどうしたら良いですか。
使い方は難しくないので心配しないでください。
寝る前に一回だけまつ毛の根元にルミガンを塗るだけです。
ルミガンを目の中に入れず、皮膚にも付けずに毛の根元へと伏していくのに役立つのが別売りのアプリケータです。
アプリケータについては次の項で説明します。
ルミガンをまつげの根元のあたりに線を引くように塗布します。
たくさん塗ればそれだけ毛が育つわけではないので、付けすぎないように気を付けてください。
付けすぎると液が垂れて、目の中に入ることや皮膚に付いたりすることがあります。
皮膚に付いてしまったときには繰り返しになりますが、余分な液をすぐに拭き取りましょう。
メイクなどを落として洗顔した後がベストです。
目の周りに余分な汚れがなく清潔な状態で塗布してあげます。
塗るときに上まつ毛の生え際あたりを目がけて塗ると良いです。
コンタクトレンズを使っている方は、レンズを外してから塗るようにして下さい。
寝る前なので再び付けることはないと思いますが、もし付けるときにはルミガンを塗布した15分後に再装着します。

 

オオサカ堂でセット購入できるアプリケータの説明

 

ルミガンを上手く塗っていくのに役立つのがアプリケータです。
アプリケータとはどのようなものなのでしょうか。
簡単に言うとルミガンをピンポイントにまつ毛の毛根へ塗れるブラシです。
ブラシは一袋の中に40本入っているのでお得です。
一ヶ月毎日使っても、使い切れないくらい入っているのは助かります。
それぞれ滅菌処理されていますから安心して使って頂けます。

 

アプリケータの使い方

 

アプリケータを一本取りだしたら、水平に持って下さい。
そのアプリケータの先のところにルミガンを一滴垂らします。
目にアイラインを引くときの感覚で、アプリケータをまつ毛の毛根あたりへ塗っていきます。
塗る際には先端のブラシのところは手で触らないようにしなければなりません。
手の汚れがブラシに付いてしまうと、目の充血やかゆみの原因になってしまいます。
もったいないからと言って、アプリケータを何回も使い回さないようにして下さい。
目の周りはデリケートなので、毎回新しいブラシを使うのがおすすめです。

 

 

ルミガンをお得に手に入れる方法とは?

 

ルミガンをお得に手に入れる方法とは何ですか。
結論から言うと、オオサカ堂のような通販サイトから買うことです。
通販サイトから購入すると安く購入できます。
インターネットショップが海外から直接買い付けているため、他の方法よりも安い値段で売ることが可能なのです。
病院で買うことも出来ますが、緑内障と診断されなければなりません。
緑内障と診断されると保険が適用されるため、安い値段でルミガンを買えます。
しかし、そうすると量が少ないルミガンしか買えませんし、何本かまとめて買うことが出来ないです。
エステサロンや美容クリニックでもルミガンを販売しています。
丁寧に説明してくれますし、使い方も教えてくれますが価格は高いです。
全く同じメーカーの商品であっても、通販サイトから買うよりも3倍くらい高くなることもあります。
通販サイトで買うと、まとめ買いで価格が割り引かれます。
まとめ買いのほうが送料もお得になるので、購入の際の負担を和らげられます。

 

ルミガンの良い口コミと悪い口コミを検証

 

ルミガンの良い口コミと悪い口コミをチェックしていきます。

 

悪い口コミ

 

・乾燥する

 

ルミガンを使っていると目が乾燥するような気がします。
もともとドライアイの傾向があるんですけど、ルミガンを使ったらよけい目が乾いてしまうんです。(20代女性)

 

・色素沈着があった

 

ついついルミガンを付けすぎてしまって、目の周りの皮膚にまで塗ってしまうことがありました。
面倒くさくてそのままにしていたら、目の周りの色がくろっぽくなった気がします。
すごく目立つわけではないものの、やはり色素沈着しているのかなという感じです。(30代女性)

 

良い口コミ

 

・本数が増えた

 

最初のうちは分からなかったのですが、ルミガンを使っているうちにまつ毛の本数が増えてきました。
薄いまつ毛がずっとコンプレックスだったのに、今ではまばたきするとバサバサ言うほどです。(30代女性)

 

・順調に伸び続けている

 

ルミガンを使い始めて三ヶ月ですが、順調にまつ毛が伸び続けています。
最初は本当に効果があるのか半信半疑でした。
でも使い続けていたら、段々まつ毛が前よりも長くなってきたと感じています。
色も以前より黒くなっているので、よけいまつ毛が濃くなったと見えますよ。(40代女性)

 

・まつ毛が抜けない

 

前はマスカラを落とすときに、まつ毛が抜けることがよくありました。
花粉症なので目が痒くてこすると、毛が抜けるなんてこともあったんです。
もともとまつげは濃い方ではないのに、よく毛が抜けるので薄いまつ毛に悩んでいました。
ルミガンを使い始めたら毛が抜けにくくなった気がします。
メイク落としの時や、目をかいたときなどに毛が抜けなくなったんです。
前よりもまつ毛の一本一本が太くなったような感じもします。(20代女性)

 

ルミガンは緑内障の治療で薬として普通に使われているため、安全性に問題はありません。
安心して使用することが出来るのはうれしいですね。
まつ毛の血管を拡張させたり、色素を濃くしたりすることによって、まつ毛の育毛をしてくれます。
覚えておきたい点は、一日に使う量を守ることと指定期間内に使い切ることです。
寝る前に一度だけ付けることが勧められていますが、メイク落としと洗顔を済ませてからにして下さい。
ルミガンがまぶたの皮膚に付いたらすぐに拭き取りましょう。
メラニン沈着を促す成分が働いて、皮膚の色が黒っぽくなる可能性があります。
まつ毛が薄いと悩んでいるならルミガンを試してみると、まつ毛のコンプレックスから抜け出せるかも知れません。